印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


地域社会とともに伸びゆく企業を目指す 三重県松阪市 田村組

HOME > INTERNSHIP

平成30年7月31日から8月1日の3日間、三重県立久居農林高等学校の生徒さん2名を迎えてインターンシップを開催しました。

まずは、本社にて、学校と会社の違い、建設業界の基本的な説明、弊社の施工してきた工事の内容等を説明させていただきました。

その後は、まず弊社が現在施工している舗装現場に見学に行き、弊社倉庫では建設機械の試乗等を行いました。生徒さんたちは建設機械に乗る際は少し怖がっているところもありましたが、体験後は、すごく面白かったとの感想をいただきました。

二日目からは、実際の現場に行っていただき、ドローンの操作体験、測量体験等を含め建設の現場を体感していただきました。

今後も、ものづくりという感動を、学生のみなさんに伝えるべくインターンシップを積極的に受け入れていきたいと考えております。このような活動を通じて、一人でも多くの若い方たちに建設業界に少しでも興味関心を持ってもらえる事を願っています。

IMG_3192.JPG

まずは社長から、会社とは、建設業界とはというところから説明しました。

IMG_3199.JPG

実際に舗装工事をしている現場で、建設機械がどのように使用されているかを見学

IMG_3203.JPG

暑い中で高温の合材を扱う舗装工事を少しでも体感していただけたと思います。

IMG_3209.JPG

次は、弊社倉庫にて建設機械の試乗体験。指導者がついてまずは安全第一です。怖いといいながらも楽しそうに操作してます。

IMG_3215.JPG

舗装工事の現場にて、平坦性試験について社外の松阪合材センターのご協力をいただき体験していただきました。

IMG_3220.JPG

実際に測定機械も取り扱っていただきました。

IMG_3225.JPG

ドローンの操作体験。バッテリーが無くなるほど楽しんでる様子でした。

IMG_3229.JPG

農業用水の配管現場の見学

IMG_3227.JPG

たまたま、立ち合いで現場におられた三重県の職員さんから、公務員を志望する生徒さんに発注者としてざっくばらんにお話を聞くこともできました。

IMG_3236.JPG

最終日、国道23号線の維持工事の現場見学です。この現場では生徒さんたちの母校、久居農林高校OBが監理技術者をしているので、先輩後輩同士で気さくに話ができていたようです。

IMG_3239.JPG

高所作業車にも試乗体験していただきました。

高校生のインターンシップに引き続き、平成30年8月6日から8月24日までお盆休みを挟んで10日間、日本福祉大学2年生の学生さん迎えてインターンシップを開催しました。

まずは、本社にて、弊社の会社概要、弊社の施工してきた工事の内容、建設業界の基本的な説明等を説明させていただきました。

その後は、10日間ということもあり、数日間ずついくつかの工事現場へ配属していただき、それぞれ内容が違う建設の現場作業、またその中には様々な職種の働く人々がいるということを理解していただけたと思います。

9月27日には日本福祉大学半田キャンパスにて「2018年度 日本福祉大学インターンシップ報告会」が開催され、弊社からも参加させていただきました。学生の皆さんの実習報告を聞かせていただき、その後は弊社社員も参加してミニディスカッションが行われました。他社の実習内容や、学生さんたちの生の声を聞かせていただく機会を得て、今後のインターンシップ、採用活動等への気づきを得ることができました。

今後も、ものづくりという感動を、学生のみなさんに伝えていき、少しでも多くの若い人が建設業界に入っていただけるようインターンシップを積極的に受け入れていきたいと考えております。

KSI00955 (3).jpg

重機の操作体験。初めて乗る建設機械に楽しんで体験してもらいました。

KSI00945 (3).jpg

ドローンの操作体験。こういう機械は、やはり若い人は慣れるのが早いです。

KSI00928.jpg

水道の配管工事現場にて測量作業をしています。

DSC01995.JPG

国道23号線の維持工事現場で、ひび割れた道路の補修作業をしています。

DSC00029.JPG

9月27日に開催された2018年度 日本福祉大学インターンシップ報告会

DSC00035.JPG

弊社に来てくれた学生さんもしっかりとプレゼンができていました。