印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


地域社会とともに伸びゆく企業を目指す 三重県松阪市 田村組

HOME > COMPANY ISO

弊社は、1999年8月1日に、ISO9002のキックオフ宣言を行い、マニュアル、諸規定類の整備を進め
試験運用期間を経て、2000年3月27日にISO9002を認証取得しました。
その後、2003年3月27日に、 ISO9001 2000年版の認証を取得
2009年3月27日に、 ISO9001 2008年版の認証を取得しております。
以下の品質理念・品質方針に基づき全社員が一丸となって更なる品質向上に努めております。

品 質 理 念

「株式会社田村組は、顧客の信頼と満足を得て従業員も誇りをもてる工事を提供する。」

品 質 方 針

1. 顧客からの要求を確実に把握し、具体化した土木構造物及び舗装工事
  の施工を行う。また、これを実現するために顧客の要求に最大限に対応
  できる経営資源(要員と設備)を確保し活用する。

2. 品質マネジメントシステムを適切に実行し、その有効性を継続的に改善
  するために、マネジメントレビューにおいてシステムを評価し見直しを実施
  する。

3. 品質目標は、顧客からのニーズの変化に対応するための活動、並びに
  施工技術のレベルアップに関する人員の教育、設備及び業務の基盤の
  整備を該当する範囲で含み、方針管理規定に基づき設定・見直しを行う。

4. 品質方針は、その展開において各部門及び階層へ伝達し、全社員の
  理解を得る。

5. 品質方針が顧客からのニーズを継続的に満たすか否かをマネジメント
  レビューにおいて評価し見直しを実施する。


mark1.png
  MSA-QS-3691   CM024

弊社は、ISO14001の認証を平成15年3月10日に取得いたしました。
その後、2006年 3月10日に、ISO14001 2004年版の認証取得いたしました。
以下の環境理念・環境方針を掲げ環境マネジメントシステムに社員全員が取り組んでおります。

環境理念

人は地球資源を消費することで生きていますが、現在、その地球資源は様々な点で後戻りできないほど
危機的な状況にあります。当社ができることはわずかですが、地球環境改善に対し当社ができる最大限
の努力を行います。私は、環境保全の重要性を認識し、環境負荷を低減し、全従業員をあげて環境の保
全に努めるため「環境方針」を以下に定めます。

環境方針

1. 当社の敷地、建物、設備を用いて行う、製品、サービス、オフィス業務、
  並びにサイト外での  自動車管理における環境への影響に配慮する
  ために、以下の活動を行う。

2. 毎年4月に環境マネジメントシステムの見直しを行い、継続的な改善を
  実施し汚染の予防に努める。

3. 国、三重県、松阪市の環境関連の法律及び条例、並びに環境に関連
  する業界の行動規範・公的機関及びその他の団体との同意事項を遵守する。

4. 環境負荷を低減するための「環境目的・目標」、及び環境影響をコントロール
  するための運用管理に従って汚染の予防に努める。

5. この環境方針は、マニュアルの中で文書化され、環境マニュアル、規定などの
  文書及び「環境目的・目標」に従って実行し、維持するとともに、環境マネジメント
  システムにおける教育によって、全従業員及び協力業者に周知する。

6. 当社の環境方針は、社内外からの要求がある場合には社外にも開示する。


mark1.png
   MSA-ES-967   CM024

弊社は、労働安全衛生マネジメントシステムであるOHSAS18001の認証を
平成22年9月29日に取得いたしました。
以下の労働安全衛生理念・労働安全衛生方針を掲げ労働安全衛生マネジメントシステムに
社員全員が取り組んでおります。

労働安全衛生理念

株式会社田村組は、労働安全衛生マネジメントシステムを有効に活用することにより、
従業員が安全衛生の重要性を認識し、安全で健康的な職場づくりに参加することで、
ゼロ災害に向け全社を挙げて目指します。

労働安全衛生方針

1. 労働安全衛生方針及び労働安全衛生目標を達成するために必要とされる
  適切な経営資源を提供する。

2. 労働安全衛生リスクを管理し、ケガと病気の予防並びに労働安全衛生
  マネジメントシステムと労働安全衛生パフォーマンスにおける継続的改善を目指す。

3. 労働安全衛生に関連する法規制及び当社が同意する利害関係者の要求事項を遵守する。

4. 労働安全衛生方針及び労働安全衛生目標を実現するために、これを文書化し、
  関係する全ての従業員が実施し維持する。

5. 労働安全衛生活動に関係する全ての従業員及び協力業者に対してそれぞれの
  労働安全衛生義務を自覚させ、教育又は安全衛生管理活動への積極的参加を通して周知する。

6. 利害関係者に対して広くコミュニケーションを図り、社内外からの要求がある場合には
  労働安全衛生方針を開示する。

7.当社のマネジメントシステムの適切性及び有効性を評価し、定期的に見直しをする。

MSA_JPG.jpg
 MSA-SS-117


平成28年4月1日、女性活躍推進法が施行されました。
 これに伴い、女性技術者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行い、女性をはじめとする全ての社員が働きがいをもっていきいきと働ける企業となることを目指し、次のように行動計画を策定します。


1.計画期間平成29年4月1日~平成34年3月31日

2.当社の課題
(1)女性の応募者並びに元々の応募者がそもそも少なく、結果、女性の技術者がいない状況になっている。

3.目標と取組内容・実施時期
目標1:技術職の女性を1名以上採用する。